スポンサーリンク

介護支援専門員の7つのポイント

この記事は約2分で読めます。

介護保険法の改正に伴って、介護支援専門員の資格や在り方等も見直されました。
今後、介護支援専門員をめざす皆様にとっても、このことは、介護支援専門員として活躍する際に大変重要なものとなります。


また、試験でもこの項目が出題されることもあるので、十分に理解しておきましょう。

ポ イ ン ト ①
資格の更新制
現在では、介護支援専門員の資格は5年ごとの更新制であり、更新するために研修を受けることが義務付けられている。

ポ イ ン ト ②
二重指定制
この制度を導入し、居宅介護支援事業所と介護支援専門員の指定を独立して行うことにより、ケアプランをチェックする仕組みを確立する。

ポ イ ン ト ③
主任介護支援専門員
約5年間の経験を有し主任介護支援専門員研修を修了したものを「主任介護支援専門員」として認定する。

ポ イ ン ト ④
要介護認定事務
公平・中立性の観点から、申請代行は地域包括支援センターや指定居宅介護支援事業者等に限られ、認定調査も新規は市町村が行う。

ポ イ ン ト ⑤
標準担当件数
介護支援専門員の標準担当件数35件で、要支援者を8件まで担当させることができる。ただし、合わせて40件(要支援者は0.5換算)を超えると超過分のみ減産対象となる。

ポ イ ン ト ⑥
介護報酬
平成21年4月から、介護報酬が大きく改定された。現行の報酬が見直されただけでなく、新たにサービス提供体制加算などの加算・減算算定項目が設けられた。

ポ イ ン ト ⑦
介護報酬
要介護者である利用者を対象に、利用者の心身の状態や家族の状況などに合わせて、継続的かつ計画的にサービスが利用できるように、適切に居宅サービス計画を作成する。

タイトルとURLをコピーしました