スポンサーリンク

特定の資格を取得している人

この記事は約1分で読めます。

特定の資格を取得している人の場合


介護支援専門員の試験は、特定の国家資格者や相談援助業務に従事している人が条件です。
「特定の国家資格者」とは、医師や薬剤師など、いろいろな資格が該当します。これらの資格者として働いた期間が5年以上で、「業務日数」つまり実際の働いた日数が900日以上であることも条件となます。
たとへば研究の仕事をしていたといった、援助が必要な人に直接の援助を行っていない期間は、勤務の対象期間としては認められません。育児休業期間も対象外となります。
また、免許証が交付される前に病院や事業所で勤務していた場合も、免許証が交付される前の期間は従事日数にカウントされません。
ただし、言語聴覚士と精神保健福祉士は、資格を取得する前に病院、診療所、そのほか、厚生労働省令で定める施設等で相談援助業務に従事した期間を含めてよいとされています。
従事日数には、勤務体系や勤務時間は問われません。たとへば、非常勤で1日2時間の勤務でも、1日勤務したとみなされます。
就業の状況に関する書類が保管されていないなどの理由で実務経験の証明が不可能な場合については、実務経験として認められないので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました